輸入車・国産車の板金塗装、修理、コーティングのメイク・ワンズ メイクワンズ make-ones

輸入車・国産車の板金塗装、修理、コーティングはお任せ下さい。

トップ > ブログ > レクサスHS250h鈑金修理塗装&後期型仕様

レクサスHS250h鈑金修理塗装&後期型仕様

自動車板金塗装マイスター Hroshi's Blog

2017.01.28

対物事故で損害を受けた、レクサスHS250h

停車中にぶつけられたため過失割合は100:0で修理代は相手方の損保会社からの支払いになります。

そこでオーナー様からのご要望は、今回の修理で後期型のフロントマスクに変更したいとのことでした。

自分には今まで作業経験が無かったので、まずはネットで軽く事例を検索。ある程度は参考にはなるものの、すべてを鵜吞みには致しません。

まずは互換性がない部品の洗い出しを小さな部品から大きな部品、はたまた配線関係に至るまで徹底的に調べ上げ作業開始です。

そのかいあって作業をスムーズに進めることができました。

弊社ではお客様のご要望に沿えるよう最大限の努力はいたしますが、最終的にどのようにするのかはお客さまの判断です。とは言っても迷いは必ずあるはず、そんな時に私の知る範囲内でアドバイスしながら完成させるという事はとても重要だと思います。今回はお客様に助けられた部分もありましたので、改めて痛感いたしました。

そして最後に、ヘッドライトの光軸調整を行い無事納車です。

※このような作業の場合、損保会社はあくまでも原状回復が基本なので、後期型に変更した部品の差額や追加工賃はすべてお客様のご負担になります。

お客様は鈑金塗装修理はもちろんのこと、後期型のフロントマスクに大変ご満悦の様子でした。

この度はメイクワンズにレクサスHS250hの鈑金塗装修理をご用命いただき誠にありがとうございました。

レクサスHS250h鈑金修理塗装&後期型仕様

レクサスHS250h鈑金修理塗装&後期型仕様

レクサスHS250h鈑金修理塗装&後期型仕様

レクサスHS250h鈑金修理塗装&後期型仕様

レクサスHS250h鈑金修理塗装&後期型仕様

レクサスHS250h鈑金修理塗装&後期型仕様

前へ次へ