輸入車・国産車の板金塗装、修理、コーティングのメイク・ワンズ メイクワンズ make-ones

輸入車・国産車の板金塗装、修理、コーティングはお任せ下さい。

トップ > ブログ > 前期型メルセデスベンツ・E350 BiueTEC ステーションワゴンのリヤバンバー&テールランプを後期仕様に変更。

前期型メルセデスベンツ・E350 BiueTEC ステーションワゴンのリヤバンバー&テールランプを後期仕様に変更。

自動車板金塗装マイスター Hroshi's Blog

2017.03.07

20年近くお付き合いのあるお客様から昨年の末に、現在お乗りの前期型メルセデスベンツ・E350 BiueTEC ステーションワゴンのリヤバンバーを後期型に変更したいとのご相談を受けました。

スムーズに作業できると思っていましたが、微妙なテールランプ(クォーター側)の形状の違いや、リヤバンバー下部の取り付け位置の違い、リヤバンバーガイドブラケットの形状違いなどなど。
思っていたよりは問題が満載でしたが、オーナー様は私たち共に作業を丸投げすることなくネットオークションで部品を購入されたり、お仕事の関係でドイツ本国に行った際にも部品を購入されて下さり作業する側は非常に助かりました。



弊社では牽引フックカバーや細かい新品部品を手配。左右サイドのPTSセンサーの穴埋め作業及びリヤバンパー塗装交換、マフラーがマフラーカッターに干渉するので基準の位置から20mmほどハンガーを使用しバランスを取りました。

今回はオーナー様のご協力もあり、仕上がりには満足していただくことができて大変嬉しく思っています。

この度はメイク・ワンズに作業をご依頼いただき誠にありがとうございました。









変更前

変更前

変更後

変更後

前へ次へ