輸入車・国産車の板金塗装、修理、コーティングはお任せ下さい。

トップ > 板金塗装

板金塗装

匠の技「板金」

匠の技「板金」

板金とは、車体に損傷を受けた部位を様々な工具や設備を用いて元の状態に復元する作業のことを言います。また、板金作業は大きく分けて、次の3つのパターンがあります。

(1)軽度な損傷

車体の小さな凹みや傷などの修理で、主に、板金用ハンマーと当て盤などで叩きながら板金修理する場合や、手が入らない箇所などは専用工具で表面から引き出しながら作業します。また、バンパーなどの樹脂製品も修理することが可能です。

(2)中度な損傷

事故などで広範囲にわたり損傷を負った場合の作業で、もちろんハンマーや当て盤も使用しますが、鋼鈑に熱を加えて板金する場合や溶接を伴う作業もあります。現代の鋼鈑は非常に薄く硬い素材なので高度なテクニックが要求されます。

(3)重度な損傷

やはり事故などによりフレーム(骨格部)まで損傷を負った場合などでフレーム修正機に車体を固定し骨格部から正確に修正しなくてはなりません。これだけの損傷ですと板金修理では不可能な部品も発生します。

ハンマー&当て盤

凹んだりした鋼鈑を裏側に当て盤を当てて、表面からハンマーで叩きながら修理する工具です。 どちらも用途に応じて最適なもの選び作業します。

スタッド溶接機

損傷したパネルなどの裏側に手が入らないときに使用します。 凹んだ箇所にワッシャを溶接して引き出しながら板金修理をします。

フレーム修正機での完璧な復元
column
フレーム修正機での完璧な復元

事故などでフレーム(骨格部)まで損傷がある場合に使用します。 当然、人の力では無理なので、このフレーム修正機に車体をしっかり固定して、10トンクラスの力があるタワーであらゆる方向に引きながらフレームを既存の寸法にもどします。

匠の技「塗装」

匠の技「塗装」

塗装とは車体の保護・美観・価値観などのために、塗料によって車体の表面を被覆することを言います。また、塗装を行う目的としては、次の3つが考えられます。

(1)車体の保護

自動車を構成している主材料は、そのほとんどが鋼鈑ですが、 鋼鈑のままでは空気中の水分や酸素と反応して錆が発生します。塗装することにより、錆の発生が防止でき、このことにより車体を 保護することが、塗装の最大の目的です。

(2)車体の美観向上

事故などで広範囲にわたり損傷を負った場合の作業で、もちろんハンマーや当て盤も使用しますが、鋼鈑に熱を加えて板金する場合や溶接を伴う作業もあります。現代の鋼鈑は非常に薄く硬い素材なので高度なテクニックが要求されます。

(3)車両価値の向上

同一形状、同一性能をもった自動車を比べたとき、美しく塗装されている方が良く見え、車両としての価値が向上します。塗装することにより、車両価値の向上を図ることも、塗装の目的の一つです。

ミキシングマシーン

樹脂と顔料が分離しないように、このミキシングマシーン(攪拌機)を使い混ぜ合わせて、塗料を常時ベストな状態に保ちます。

スプレーガン

メーカーや車種による塗装の肌や質感は異なります。 それに対応する為、様々なタイプのスプレーガンを完備しています。

 塗装ブースによる高品質な仕上り
column
塗装ブースによる高品質な仕上り

圧送式塗装ブース内で最終の塗装を施します。専用フィルターでろ過されたきれいな空気が常にブース内を循環していてチリやホコリのない環境の中で塗装をすることが可能です。また、塗装ブース内で60℃~70℃の温風による乾燥も行い高品質な仕上がりをご提供しております。

保有設備

ハイクオリティーな品質を実現するためには、豊富な技術経験もさることながらより良い設備が必要不可欠です。そして、その設備を最大限に生かして技術力と組み合わせることによりハイクオリティーな品質が完成すると当社では考えております。

塗装乾燥ブース サイコ ペイントキュア

塗装乾燥ブース サイコ ペイントキュア

イタリアSAICO社の塗装乾燥ブースです。 塵や埃をシャットアウトしたブース内でボディーカラーの塗装を施します。その後、温風による強制乾燥を行い塗膜を完全硬化させます。

下処理ブース サイコ スーパープレップ

下処理ブース サイコ スーパープレップ

イタリアSAICO社の塗装ブースです。主に下処理作業や下塗り作業に使用します。外気中のチリやホコリをシャットアウトして快適な塗装環境を実現します。このブースの中で作業することにより、お客様の大切なお車を汚すことなく、また、工場内もクリーンに保つことができます。

使用塗料 STANDOX スタンドックス・Dupontデュポン

ス

使用塗料 STANDOX スタンドックス・Dupontデュポン

スタンドックスはヨーロッパを代表する自動車補修塗料のプレミアムブランドです。ベンツ・BMW・アウディー・フォルクスワーゲンなど数多くのカーメーカーの承認を得ています。当社では輸入車はもちろん、国産車も全てスタンドックス及びデュポン社製品を使用して高い水準の仕上がりをご提供しております。

フレーム修正機 ブラックホーク ユーロポスト

フレーム修正機 ブラックホーク ユーロポスト

フレームダメージや骨格部まで損傷した場合、この修正機で完璧に復元します。

スポット溶接機 ヤシマ ワンダーウェルダー

スポット溶接機 ヤシマ ワンダーウェルダー

自動車の点溶接(スポット)で付いている部分を交換する際に使用します。

半自動溶接機 大同 ユニオート

半自動溶接機 大同 ユニオート

様々な鉄板やステンレスを接合する半自動溶接機です。

スタッド溶接機 デンゲン スタッド・マックスSW-2900

スタッド溶接機 デンゲン スタッド・マックスSW-2900

裏側に手が入らない場所や、袋状になっている修理箇所をこのスタッド溶接機で引きながら、丁寧に板金していきます。

近赤外線乾燥器 IRT IRT-402

近赤外線乾燥器 IRT IRT-402

世界のカーメーカー・塗料メーカーの推奨を受けている塗装乾燥ロボットです。乾燥面全体を均一に加熱することにより、塗料の性能を最大限に引き出すことが可能です。

普及型スキャンツール スマートダイアグ

普及型スキャンツール スマートダイアグ

修理完成後、このスマートダイアグでパワートレイン及び故障コードの読み取りと消去を行ってから、お客様に納車いたします。専用プリンターで、データをプリントアウトすることも可能です。

見積りコンピューター アウダテックス アセスプロⅡ

見積りコンピューター アウダテックス アセスプロⅡ

お客様に適正な見積書を作成することができるコンピューターソフトです。

セコム・セキュリティー

セコム・セキュリティー

当社では、お客様からお預かりしたお車を工場内で24時間安全に セコム・セキュリティーによる監視をしておりますのでご安心ください。

ドイツSATA 社製スプレーガン

ドイツといえば、ベンツやBMWなど高級車のイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、塗料や塗装技術に関しても定評があります。SATA 社は、1907年に医療機器メーカーとして創業され、その技術を活かして作られたスプレーガンは、やはり定評があるのです。使い勝手が良く仕上がりも抜群です。